昨今のシェアハウス事情

シェアハウスとは、自分のお部屋とは別に、共同利用できる共有スペースを持ったシェア住宅のことです。
シェア住宅ならではの「共有」と「交流」を楽しめる他、シェアハウスは、通常の賃貸物件に比べ初期費用・毎月の費用を抑えてリーズナブルに住めるところも大きな魅力のひとつです。

近年、一部の賢い消費者の「モノの所有から共有(シェア)」という合理的な考えが世界の先進国で顕在化。日本でも「限られた収入をうまく使って、自分のライフステージにあう豊かで充実した生活」に対するニーズが、シェアハウスの普及を後押ししています。

しかしながら、シェア生活にもデメリットもあります。「ルールやマナーを守らない入居者」「物件メンテナンスがされずに住居として快適でない」「国籍・文化の違いから生じるによるディスコミュニケーション」など、快適に生活をする上で不安な面も多くありました。このような運営管理の問題を解決し、先のデメリットを上回るメリットを提供できるハウスが、少しずつ増えていき利用者が増えつつあります。

シェア生活のTIPS

運営管理レベルが進化しつつあるシェアハウスですが、共用部を1人で使えるワンルームとは少し異なり、時には自分と大きく異なる生活スタイルを持ったシェアメイトの存在に悩まされることもあるかもしれません。

自分の生活習慣を共同生活のために上手く調節できる、自分の不便を相手に穏便に伝えられる、または相手を許容できるといったことが、ストレスを溜めないコツです。夜間11:00から翌朝7:00まではお休みタイム、ゴミ出しの当番など、それぞれのハウスでルールが設けられています。迷惑行為が重なった人には退居勧告が出されることもあります。

個人の生活習慣が厳格すぎても、ルーズ過ぎてもうまくいかない点で、すべての人がアクセスできるサービスではないことも入居前に知っておきたいポイントです。

シェアハウスの選び方

信頼できる運営会社を見つける

集まって暮らす以上、小さなトラブルはつきものです。建物の衛生状況などのハード面、人間関係のトラブルなどのソフト面も定期的にモニタリングしてくれる運営会社であれば、トラブルが深刻化する前に対応することができます。

  1. しっかりとした契約書がある。入居者が健全に生活できるレベルのハウス・ル ールがある。ルール改善のための柔軟な姿勢がある。
  2. 問い合わせ・トラブル時のレスポンスが早い、的確である。
  3. ハウスの状態を定期的に巡回、グループラインなどでモニタリングしている。

自分に合うハウスかを確認する

  1. 優先順位を決める。
    立地、建物の設備/コンセプト、経済的負担(初期費用/毎月の費用)、外国人との交流など、事前に決めておくとスムーズです。特に、住み心地を左右しがちな設備の充実度・清掃レベルは自分の許容範囲をイメージしておくとベターです。
  2. ハウスの設備・ルールを確認する。
    ご自身の生活スタイルに対して「満足できそうな設備・備品」「無理なく続けられそう」「入居後に不安を覚えない程度のマナー」が目安。
  3. ハウスの雰囲気、どんな人が住んでいるかを確認する。
    静かな雰囲気、イベントが定期的に開催され賑やか、入居者の属性・生活スタイル、お掃除当番の頻度など、「自分に合うか」を確認しましょう。例えば、見過ごしがちなお掃除当番の有無は、「たかがお掃除。されどお掃除」で入居後の満足度に大く関わります。入居前に確認しておきたいポイントのひとつです。

TIPS:激安ハウス

関西でも、ちらほらと見かけるようになった激安ハウス。激安がゆえに住人の入居目的が、「交流」はなく「コスパ」に偏っている場合も往々にあります。「コスパが良い」ことは誰にとっても魅力的なものです。しかし、入居目的がコスパのみの場合、ご本人とって共同生活が(節約のための)ガマンの連続になりがちです。特に、家族以外の人と共同生活をする習慣がない日本人には尚更ストレスな生活です。ガマンの連続の共同生活で、お互いに思いやりのある住人関係・マナーは築きにくいものです。毎日のことなので、住人多数派の「節約モード」が、自分と合いそうかも確認するといいかもしれません。良いお部屋探しを。

ハウスが提供する価値

1

ご予算よりも、少しいい暮らし

「京都でトップクラスのクオリティ物件」とご評価頂くもリーズナブルなお家賃。そのコスパがよい理由は、

  • リフォームではなく、シェア生活を考えて新築設計された無駄がない空間(2017/9築)。
  • 前身の京料理屋さんの資産を承継・再利用(京風坪庭、ヒノキのカウンター、御影石のアプローチ等)
  • オーナーの直接管理・運営により、各メンテナンス会社との直接契約、中間コストをカット。10人住いの小規模ハウスでも良質なサービスを提供。

少しゆとり感のある暮らし

例えば、ハウス近隣の1Rを借りた場合、毎月かかる住居費(お家賃/管理費・水道光熱費・通信費など)を比べてみると、

  • 築30年~40年の1R(3点ユニットバス)を借りた場合:月々の住居費用はほぼ同じ(約6万円)。家具・家電の購入・メンテナンス、礼金・仲介手数料などの仲介経費分のゆとり
  • 築20年以内の1R(バストイレ・セパレート)を借りた場合:月々5000円~1万円、家具・家電の購入・メンテナンス、礼金・仲介手数料などの仲介経費分のゆとり

初期または毎月のゆとり分を、将来への貯蓄、より充実した生活活動に充てることができます。

2

快適な居住空間

快適さの基準は人それぞれ。でもその目安は、「大切な人を呼んでみたいお家」。

  • フラットボレロ浄土寺の共有部・個室の天井は高く面積以上の開放感。リビングは、「10人揃って」「親しい人と」など用途によってアレンジが可能。
  • 雑貨好きのオーナー・セレクトの「自分で買うのは躊躇われるけれど、あると嬉しい生活グッズ」。例えば、グラス類は「日常の中の手が届くラグジュアリー」を謳うクリスタル・ダルク(仏)

3

プロによるチーム管理

共用部が広いシェアハウスは、多岐に渡るメンテナンスが必要。生活習慣が異なる多国籍ハウスでは尚更のこと1社で全てをキチンと行うのは大変。その時の入居者で左右されない住環境のために、ハウスでは「プロチームの連携管理方式」を取り、関西一円のプロと直接契約しています。特にトラブルになりがちな衛生面は、家事代行サービスが2名体制で訪問。月2回、水回りをリセット、入居者目線でハウス内外の衛生確認をしています。※フロア部分の簡易清掃は、お掃除ロボットが週3回お手伝い♡

4

心地よい距離感

濃すぎず離れすぎず、10人住いの「入居者みんなの顔が見える」少し大きめの家族サイズ。ハウスは文化・価値観の多様性を歓迎し、個人のスタイル/プライバシーを尊重しています。そのため、ご自身それぞれの心地よい距離感での生活をお勧めしています。シェアハウスが初めての方でも、比較的入っていきやすい雰囲気です。
どちらかというと落ち着いた雰囲気で、住環境を重視される方に好まれるようです。

5

安心のセキュリティー

お部屋に着くまでに、4つのセキュリティ・システム。玄関アプローチを映す防犯カメラ、玄関ドアに軍事レベルのセキュリティーを持つスマートロック(入退館記録、オートロック)、個室ドアのスマートロックで24時間モニタリング。また、テレビドアホンで玄関来訪者を確認できます。
スマートホーム化を進めているハウスでは、これらのシステムを一元管理しています。

6

入居前だけでなく
入居後もコミュニケーション

シェアハウス内の気づきごと/ハウスマナーの確認は、グループラインを使って入居者同士の解決を促しています。グループラインには、オーナーも参加しており、皆さんのちょっとした一言でハウスが良くなります。オーナー管理ハウスならではのメリットです。プライベートなご相談は、各個人とオーナーのプライベートラインをご活用頂けます。

7

地元京都人に選ばれる立地

近隣に文化スポットも多く落ち着いた生活ができる立地。スーパー/コンビニ/銀行が徒歩3分以内にあり生活をするための環境が整っています。
京都市内の移動はバスと自転車が便利。歴史都市であるため地下鉄網は限られていますが、バスの路線網は充実しています。しかし景観維持のため道幅は狭目。フットワークの良い自転車なら、静かな小路に入り「普段着」の京都を知ることもできます。

PAGE TOP