洗練されたミニマルな空間

写真住まいにとって大切なことは「自然」の恵みを五感に感じることだと思います。 古くから日本建築には「自然をごく近い位置まで引き寄せる」工夫がなされています。 現代の建築においても自然との共生(ともいき)が必要です。共生(ともいき)とは禅の発想ですが、世界に通ずる日本の価値観となっています。
フラットボレロ浄土寺では、豊かな自然、世界遺産を擁する閑静な近隣エリアとの調和をまず考えました。建物は「禅(ZEN)」をモチーフに設計。故スティーブ・ジョブスも傾倒した「禅(ZEN)」とは、一言でいえば、文字通り(示∔単)。物事をシンプルに示すことです。無駄なものを削ぎ落していった先に見えるのが「本質」です。そのため、デザインは、シェア生活に必要なもの(本質)を選び充実させたシンプルなものとしました。 共用部・個室の天井を高くすることで、体感容積を大きく取り開放感があり、自然光が差し込む穏やかな空間としています。

橋本尚之(建築家)
京都市出身。京都精華大学卒業。淡路島ウェステイン・ホテル(現グランドニッコー淡路)、西田哲学館などの実施設計に携わる。2010年 アトリエ栖風一級建築士事務所設立

心地よい住み心地

写真「二つに折った恋文が、花の宛名を探している」。フランスの詩人ジュール・ルナールの「蝶」という詩です。窓辺の花に、蝶がその羽を休め、次の未来へと、また飛び立っていく。
優しい未来へ。
明るい未来へ。
そんな光景を想いながら、私たちはハウスを育んでいます。 ハウスでの暮らしが、皆様ひとりひとりの未来への一幕となれば幸いです。

小谷泰子(オーナー)
東京都在住。米系消費財メーカーのグローバルチームで、アジア地域担当としてアジア各国の製品企画・市場導入に携わる。米系広告代理店では、顧客リレーションシップ分野のコンサルティング&プランニングに携わる。薬剤師でもあり、現在は米系製薬メーカーにてマーケティングに従事

PAGE TOP